タイで不動産を購入する

外国人のタイにおける不動産所有に関しては、タイの土地法に基づいた特定の規制が定められています。
タイの土地と不動産を完全所有できるわけではありませんが、それらの法的権利を取得する方法はあります。

タイでの不動産購入について Sansiri Public Company Limited

フリーホールド (自由所有権)

自由所有権のあるコンドミニアムは、タイにおける外国人不動産購入者にとって一番の選択肢です。タイでは、the Condominium Act B.E. 2522 (1979) によって、コンドミニアムは特別な立場にあるとされ、外国人が共同オーナーとしてコンドミニアムのユニットを直接自由保有することが認められています。外国人が不動産を完全終身保有できるということで、不動産保有の最良の選択であるといえます。

Sansiriは、外国人投資家の皆さまに、バンコクやタイの主要リゾート地で自由保有できるコンドミニアム購入のための様々な選択肢をご提案しています。

  • 完成済みの物件に対しては、購入時に100%の額をお支払いください
  • 建設中の物件に対しては、最初に30%をお支払いいただき、完成後に残りの70%をお支払いください

外国人所有権

外国人が購入、自由保有できるのは、1棟のコンドミニアムあたり49%のユニットまでとなっています。こちらは、外国人におけるコンドミニアム保有に際して、購入前に把握しておいていただきたい重要なポイントです。

リースホールド (借地権)

もう一つの選択肢として、外国人は管轄エリアの土地管理局で借地権の登録をすることができます。コンドミニアムもしくは自由保有権のある土地のリース契約となります。この方法で、外国人は保有した借地を有効に使い、その土地に建てたビルや建造物を所有することが許可されています。タイの法律では、このリースの継続年数を最大30年と定めており、その後のリース期間の更新も可能です。また、タイで現地登記された会社名義であれば、土地や住宅の購入が可能です。

Go to top